FC2ブログ
 
■プロフィール

peerway

Author:peerway
大阪の一般人です。
過去にもいろいろ書いていますので、下のほうにある検索ボックスから、お好みのキーワードで検索してみてください。「青山繁晴」「宮崎哲哉」「排出権取引」「対馬」など。

■仕事が楽しくなる名言集


presented by 地球の名言

■最新記事
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

参議院選挙2019 どこへ投票すれば良いのか分からない方へ
「消費増税絶対反対」「アイヌ新法や入管法改正に反対」
だから「自民党にお灸を据えたい」

その気持ちは分かる。わかるが、
「だから今回は野党に入れる」「投票には行かない」
その選択肢だけはあり得ない、とあえて断言します。

「自民党にお灸を据える」それで野党に票が集まった後、日本はどうなったのか。
よく思い出してほしい。

阪神淡路大震災での対応の遅れ、
東日本大震災での対応の間違い、
デフレの加速、経済の悪化、
尖閣沖で起きた海上保安庁巡視船への中国偽装漁船の体当たり、並びに中国船船長の釈放、
小笠原諸島の珊瑚が根こそぎ中国船に強奪され・・・
良い事なんてなかった。

今回、自民党に票を入れたからといって、消費増税に賛成した事にはなりません。アイヌ新法や入管法改正を承認したことにはなりません。
安倍自民党に票を入れた上で、「おかしいから変えろ」と官邸にもの申すのが、最も現実的で日本を立ち直らせる近道です。

消費増税は、結局のところ、旧民主党が地雷を設置し、公明党が地雷原へ誘導したようなもの。
だから、旧民主党系の立憲民主や国民民主などの野党連合が「消費増税反対」と言ったところで、まずは自分たちの執政の反省をしないと、話にならない。
まるで「自分たちは民主党じゃない」みたいなことをおっしゃってますが、たとえは悪いですが、「犯罪を侵して捕まった芸人が芸名を変えた」ようなものです。中身は同じ人やん!って。

本当に日本のためになる政(まつりごと)を国会が行えるようにするには、
自民党単独で議席の3分の2を占めないと、出来ない。
憲法9条の改正と拉致被害者の救出も出来ない。
そもそも、野党の人たちはブルーリボンバッジをまったく付けないのですから。

思い出してほしいのは、第二次安倍内閣が誕生した頃は、消費税は5%だった。
安倍総理は財務省と戦いながらここまで引き延ばしたが、ついに10月に10%になります。
だがしかし、絶望はしなくて良い。

10%に出来るのなら、逆に5%にする事も出来る。
安倍内閣なら、それが出来る。
自民党が議席を増やせば、一部の愛国議員たちの意見が国政に反映されやすいからです。

野党は「増税凍結」と簡単に言いますが、それは票集めが目的で、何も具体的な対案はありません。

夫婦別姓についても、自民党以外はすべて「賛成」しています。
日本はチャイナや朝鮮半島のようになるべきだ、と思う日本国民は、ほぼいないと思いますが、自民党以外の当主の現状は、そうなんですよ。

つまり日本を護ることができるのは、その国民の意思を反映させられるのは、
自由民主党だけです


所謂「女性宮家」に反対できるのも、自由民主党だけ

野党が議席を増やせば、国会に反日議員が増える。
自由民主党が議席を増やせば、一部の愛国議員たちの意見が国政に反映されやすい。
この7月に、日本は韓国を「ホワイト国」から除外しましたが、
こういうことを実行できるのは、安倍政権だから。
青山繁晴参議院議員の提案を、5ヶ月かけて実現させた。
申し訳ないが、野党では絶対に出来ない。

消費減税も、安倍政権が盤石であれば不可能ではない。

野党に票を入れて、この先何年も後悔するのと、
自民党に票を入れて2週間だけ後悔するのと、

どちらを選ぶ?

そういう選挙になりつつある。


スポンサーサイト



時事ボヤき | 10:49:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
朝日新聞は英語版でこっそり慰安婦の嘘をまき散らす
月刊WiLL4月号(平成28年2月26日発売号)

西村幸祐さんの記事・・
『朝日は英字新聞二月八日付WEB版で、
 ≪Abe's supporters blast Tokyo - Seoul deal over "comfort woman"≫
 (安倍支持者達が、日韓合意を慰安婦で吹き飛ばす)
 という見出しで、
 
 ≪「慰安婦」という言葉は歪曲表現で、
 第二次大戦前と大戦中にセックスを日本の軍隊に提供することを
 強制された女性達のことだ。
 その多くは、一九一〇年から一九四五年まで日本が
 植民地支配をしていた朝鮮半島の出身であった。≫
 と、ほとんど嘘を書き連ねている。』

確認してみると・・・
ホンマでした!(怒)
http://ajw.asahi.com/article/behind_news/social_affairs/AJ201602080040

朝日嘘記事3
朝日嘘記事2

朝日新聞は、
基本的に日本人が読まない「英語版」で
隠れてこっそり慰安婦の嘘報道を続けている!
 
 
朝日は「日本死ね」なんてブログに書いた、
非常識極まりない、おかしな人をずいぶん持ち上げるが、
死すべきは朝日の方ではないのか?



↓お手数でなければ。


banner_04.gif

『民主党の正体』

竹島の日

2月7日は北方領土の日

日本の森を守ろう
http://www.kddi.com/corporate/kddi/csr/kibou/


*********************************
Comfort Women Not Sex Slaves but Prostitutes
Looking into Historical Evidence – Neglected Facts and Voices -
http://nadesiko-action.org/?page_id=8590

Who defames the Comfort Women ?
http://nadesiko-action.org/?p=7866

慰安婦の真実 The Truth about Comfort Women
日本文ダウンロード
http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Women.pdf
英文ダウンロード
http://www.sdh-fact.com/CL02_1/130_S4.pdf

Nazi War Crimes & Japanese Imperial Government Records
Interagency Working Group
Final Report to the United States Congress April 2007
http://www.archives.gov/iwg/reports/final-report-2007.pdf

米国陸軍インド・ビルマ戦域所属情報部心理作戦チーム情報室日本軍捕虜尋問報告第49号
UNITED STATES OFFICE OF WAR INFORMATION Psychological Warfare Team Attached to U.S. Army Forces India-Burma Theater Japanese Prisoner of War Interrogation Report No. 49
日本文ダウンロード
http://hassin.org/01/wp-content/uploads/No49.pdf
英文ダウンロード
http://www.sdh-fact.com/CL02_4/8_S1.pdf

China’s Grand Stratagem to Take Over US World Hegemony: What China Proposed to Putin
http://nadesiko-action.org/?page_id=7353

ひと目でわかる「日韓併合」時代の真実 水間 政憲 (著) 英語版の簡約版
Japanese rule of the Korean Peninsula By Masanori Mizuma
http://nadesiko-action.org/?page_id=3744

A Speech of Dr. Kanji Nishio, professor emeritus of The University of Electro-Communications, at The Foreign Correspondents’ Club of Japan
http://nadesiko-action.org/?page_id=3401

西尾先生スピーチを基にした英文メッセージ(メール/手紙コピペ用)
http://nadesiko-action.org/?page_id=3436

What is the “Comfort Women Issue?”
http://nadesiko-action.org/?page_id=2015

Yoshihisa Komori of Japan’s Sankei Shinbun newspaper being interviewed on the comfort women issue for the PBS series Foreign Exchange
http://nadesiko-action.org/?page_id=2535

慰安婦問題 英文 資料集
http://nadesiko-action.org/?p=2851

See these photos before you condemn Japan 日本を非難する前にこの写真を見て下さい
http://nadesiko-action.org/?p=3707

Videos 動画集
http://nadesiko-action.org/?page_id=4677

時事ボヤき | 21:49:45 | トラックバック(0) | コメント(0)
NHK紅白歌合戦の不思議
大晦日恒例の「NHK紅白歌合戦」

これって、NHKの番組としては
めちゃくちゃ矛盾した番組なんですよ。

なぜかというと、

NHKはいつも
「戦争は悪いことだ」
「日本が戦争をしたことでこんな悲劇が!」
って言ってますよね。
それこそ、でっち上げの歴史を捏造してまで、言ってます。

なのに、なのにですよ!
「NHK紅白歌合戦」ですよ!w

しかも、
歌手をに分けて!
いつも「男女平等~!」とか言ってるくせに!
戦争とはまったく縁遠い「歌」で
男と女を「合戦」させてるんですよ!ww

言ってることと、やってることが
もう無茶苦茶!

時事ボヤき | 22:11:54 | トラックバック(0) | コメント(0)
大阪都構想・考2~賛成か反対か、つまりはこういう事
大阪都構想に賛成か反対かの投票日を迎えました。

維新の会の説明も、自公民共の説明も、
結局のところ、最後まで

「賛成しないとこれだけ損しますよ」
「反対しないとこれだけ損しますよ」

という、損か得かの話ばかり。

政治家の皆さん、
あまり難波の民をバカにしないでいただきたい。

さて、
これまでの大阪都構想の論戦を俯瞰して見ていると、
とどのつまり、賛成反対は単純な話で、
「何も変えずに現状を維持していくのが一番良いんだ」
という価値観と、
「変えるべきは変えていくべきだ」
という
価値観のぶつかり合いだという印象でした。

投票される方は、
ご自分が「現状維持派」「変えるべきは変える派」か、
どちらなのかを、ひとつの判断材料にされてみても良いかと思います。

↓お手数でなければ。


banner_04.gif

『民主党の正体』

竹島の日

2月7日は北方領土の日

日本の森を守ろう
http://www.kddi.com/corporate/kddi/csr/kibou/




時事ボヤき | 11:11:35 | トラックバック(0) | コメント(0)
大阪都構想・考~賛成も反対もどっちもどっち~もっと根幹を考えよう
大阪都構想 に賛成だの反対だの言ってる人たち

橋下市長をはじめ、ネットでよく見かけます。

でもね・・・
どっちもどっちのレベルなんです。


まず、大阪維新の会の説明は嘘くさい。

不安を煽ってあらゆる問題を府と市の構造のせいにしている。

カルトや共産主義者と同じ手法をとっている。

問題は府と市の構造じゃない。

問題の本質を突き詰めれば、
府も市も行政の方向を決める人間がアホだった事が根幹にあります。

府と市が競って同じような箱物を作ったのも、

協力せずにインフラ整備をサボったのも、

府知事、市長、行政幹部が無能だったからであって、

構造が原因ではない。



美術館や交通局も、儲けようと思えば儲けられるはず。
自治体が儲けてはならない、という思い込みが赤字の原因です。

そんな大阪府と大阪市に無関心でいたのは、

まさに大阪府民と大阪市民であって、

アホな府知事と市長を選び続けてきたのも、

他ならぬ大阪府民と大阪市民であるという事を、

私たちは真っ正面から受け止める必要があると思います。



「人のために生きる」「民こそが大事」という、

日本オリジナルの民主主義に基づく“民のかまど”の逸話が生まれたのは、

大阪のど真ん中、本来は今の大阪城があるあたりです。

現在は、地下鉄の谷町九丁目駅を降りてすぐの「高津宮」に、

まさにその仁徳天皇の“民のかまど”の現場があります。



大阪は元々そういう場所なのです。

大阪人自身が大阪をよく知らない。

学校でも教えない、むしろ堺市では

「仁徳天皇は奴隷を使って大きな墓を作らせた」なんて、

大嘘を子供達に教えている。



日本には古代から奴隷なんてものが存在した事は、

1度もありません!



大阪は教育からやり直さないとダメだわ。

↓お手数でなければ。


banner_04.gif

『民主党の正体』

竹島の日

2月7日は北方領土の日

日本の森を守ろう
http://www.kddi.com/corporate/kddi/csr/kibou/

follow me !
 ↓ ↓ ↓
peerwayをフォロー



時事ボヤき | 10:56:42 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ