■プロフィール

peerway

Author:peerway
大阪の一般人です。
過去にもいろいろ書いていますので、下のほうにある検索ボックスから、お好みのキーワードで検索してみてください。「青山繁晴」「宮崎哲哉」「排出権取引」「対馬」など。

■仕事が楽しくなる名言集


presented by 地球の名言

■最新記事
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
政治に興味を持った人に、ぜひ読んでほしい
民主党政権はよくもまぁ・・
これだけ毎日毎日・・
恥をさらせるものですよね。

日本には新しい悪口もうまれたみたいです。

「嘘つきは民主党の始まり」
「おまえの父ちゃん民主党」
その他多数(笑)

アホな発言やアホな政権運営が
これだけ毎日続くと、
もういちいちブログを書いていられませんので(笑)


“そもそも、なぜ民主党はこんなにダメなのか”

その疑問は、
西村眞悟さんのコラムを読めば、
合点がいきました。

国際的に共産主義を神のごとく信奉する組織活動、
コミンテルン

それによって洗脳された学生が、
学生運動、市民活動などを通じて政治家になり、
ついに政権を握ってしまったのが、
今の民主党。

共産主義「コミンテルン」は
国家の解体を目指し、
世界中を「ソビエト」にすることを目指した・・

鳩山由紀夫や菅直人などがしきりに口にする、
「地球市民」「市民」という言葉は、
そこからきている。
彼らにとって、「国家」「国民」は
崇高なるコミンテルンの敵に過ぎない。

現在コミンテルンは「ソビエト」ではなく、
世界中を「中国とその属国」にすることを目指している。

多種多様な文化、人が、
天皇陛下の元に共存、共栄、共生することを目指し、
それを2670年もの間、実現をしてきた、
我らの「日本という国家」とは、
コミンテルンはその性質を明らかに異にするものです。


かつて「コミンテルン」は
日本とアメリカで工作活動を活発に行い、
もともと戦う必要のない、日本とアメリカを戦争状態にし、
広島と長崎に原爆を落とすに至った。

日本の敗戦後、
「コミンテルン」は日本で内戦を起こし、
共産主義革命を起こすつもりだったが、
日本を全面的にアメリカが占領、統治したために、
革命には至らなかった。

しかし、中国で革命は成功した。

そして現在は、その中国、その属国の北朝鮮、
そしてかつてのソビエトであるロシアによって、
日本は再び脅かされている。

私たち、日本でしあわせに生きるものは、
しあわせに生きられる日本を愛する私たちは
何と、どう戦えばいいのか・・

そろそろはっきり見えてきたんじゃないでしょうか。


↓↓↓以下、西村眞悟さんのコラムです



コミンテルンは生きている
                      


 中国共産党の独裁国家中共は、当然、共産主義を信奉する国家である。従って
建前は、マルクス、レーニン、毛沢東主義を掲げている。
 そこで、中国共産党の幹部連中であるが、彼らにとって、二十世紀前半から断
絶することなく続いている「共産主義運動」の方式とは何か。また、彼ら共産主
義者から見て、我が国の民主党と菅内閣は如何に映っているのか。これらのこと
に思いを巡らせているとき、浮かんだ言葉は、コミンテルンであった。

 思えば、ソビエトが崩壊して中共が改革開放路線に転換して、守銭奴のように
なっているので、過去の概念だと思いがちであるが、中共は、建前では、依然と
して共産主義を標榜しているのである。そして、彼らが権力を握った方式は、国
際共産主義運動の指令に基づく方式であった。この国際共産主義運動がコミンテ
ルンである。
 他方、菅内閣の、菅、仙石とは何か。これらも、コミンテルンの影響下に学生
生活を送った、正真正銘の左翼である。
 ここから、中国共産党幹部が、菅内閣を如何に位置づけているのかが分かる。
つまり、中共の連中は、菅、仙石をコミンテルンの手下と見ているのだ。これが
、九月以来明らかになった中共幹部の我が国に対する傲慢な態度を生み出した。

今日は、このコミンテルンについて短文ながら書いておきたい。日常忘れている
が、コミンテルンはつい最近まで我が国をも突き動かしていた共産主義運動であ
る。そして、気がつけば、この運動のなかで育った左翼が、我が国の政権にあり
ついている。まさに、コミンテルンの運動方式が、我が国で成功しているのだ。

思い返せば、私が大学に入学したのは、昭和四十三年だった。その時既に大学紛
争に火がついており、大学は左翼一色だった。入学式当日には、全入学生に「マ
ルクスの資本論」の共同購入申し込み用紙が配られた。
学生は、すぐその色に染まって、「紅萌ゆる」という第三高等学校寮歌を歌うよ
りも、「インターナショナル」を歌うようになった。私などは、校庭で「軍歌」
を、「あー、あー、大君に召されたるー」と歌っていて笑われた。

この雰囲気のなかで、コミンテルンという言葉と運動は、日本の革命を目指す指
針として語られていたのだ。菅、仙石は、その時この雰囲気に生きて数年を経て
いた。
さて、コミンテルンは、第二インターナショナル解体後の一九一九年三月、モス
クワで結成され、一九三五年まで第七回の大会を行った。別名、第三インターナ
ショナル、共産主義インターナショナルともいう国際的共産主義運動である。
 何故、前進の第二インターナショナルが解体されたのか。その理由は、第二イ
ンターが、第一次世界大戦において各々の母国を支持したからである。従って、
この経験を経たコミンテルンの運動方針には、国家の解体が強調されている。

コミンテルンの運動方針は次の通りである。
「世界のブルジョアジーを打倒するために、さらに、国家の完全な廃止に向けて
の過渡的段階としての国際的ソビエト共和国の建設のために、軍事力を含むあら
ゆる可能な手段によって戦う」
 現在は、この方針のなかの「国際的ソビエト共和国」のところを「中華人民共
和国」に入れ替えればよい。ソビエト崩壊後は、中共がこの運動の承継者だから
である。
 つまり、現在は、各国の共産主義者は、「国際的中華人民共和国」建設のため
に戦うべし、というのがコミンテルンの方針となる。

このコミンテルンは、昭和に入って、第六回と七回の大会で、「共産主義者は各
々の自国を戦争で敗北させること、敗戦から内戦を起し、内戦から革命に移行せ
よ」と指令し、次に、「共産主義者は身分を隠してブルジョア組織のなかに潜入
し、統一戦線(フロント)を結成せよ」と指令する。

中国共産党と毛沢東は、このコミンテルンの指令通りの謀略を展開して権力を握
った。即ち、内戦から国共合作、抗日民族統一戦線、また内戦そして革命成功と
いうプロセスである。
そこで、注目すべきは、このコミンテルンの全ては中華人民共和国建設のために
というスローガンと、中国が世界の中心だという伝統的中華思想は見事に一致す
るということである。
これが、中共の、他国の国境を平気で無視し何でもできると思いこんだ傲慢な態
度の原因である。

今度は、我が国の民主党と菅内閣に目を転じよう。まず鳩山由紀夫という御仁の
言動。
「国民というより市民といいたい」、「日本は日本人だけのものではない」、「
東アジア共同体」・・・これらは全て、日本の国家の枠組みを取り除こうとする
言動である。

菅氏は、いわずと知れた「市民運動家」で、仙石氏は「地球市民」を目指してい
る。
では、この彼ら三名が期せずして強調する「市民」とは何か。それは、「国民」
に対立する概念である。つまり、彼らは、国民と国家を否定するために「市民」
という言葉を多用しているのだ。従って、彼らには、「国民」が無いのであるか
ら、外国人が我が国の参政権を行使するのは当然のこととなる。さらに、「国家
」を護る軍隊また自衛隊は、有害な暴力装置ということになる。

ここにおいて、「国家の完全な廃止に向けて」というコミンテルンのテーゼを思
い起こせば、彼ら三人の言っていることは、国家否定のコミンテルン指令そのも
のではないか。また、民主党のいう「ポストモダン」とは、何も新しいものでは
なく、コミンテルンの「国家の完全な廃止」を指向するものである。

次に、コミンテルンの「共産主義者は身分を隠してブルジョア組織のなかに潜入
せよ」という指令に着目したい。
鳩、菅また仙石は、各々民主党という身分を隠すための徒党に入ってから、共産
主義者から見ればブルジョア組織そのものの日本国政府のなかに潜入し、今や総
理と官房長官としてそのヘゲモニーを握ることに成功している。
 そして、我が国の防衛予算を削減し、基地移転問で日米の信頼関係をずたずた
にし、盛んに官僚批判を続けて我が国の統治機構を弱体化させ、外国人参政権を
推進して内政干渉を合法化し、北朝鮮労働党の日本国内の宣伝洗脳機関に税金を
与え、悪質な中国船長を釈放して我が国の法秩序を無視して中共に屈服し、夫婦
別姓を推進して我が国の伝統的な家族のあり方を解体させようとしている。

菅そして仙石両氏は、ここにおいても、コミンテルン指令を忠実に実施している
共産主義者、コミンテルンの本家である中国共産党から見れば、忠実な手下その
ものであると言える。


菅氏が特に気に入っている千葉景子という人物の思考回路に触れたい。
 この者は、法務大臣の時、死刑には反対だが、死刑を見ておく必要があると勝
手に思いこんで二人の死刑を執行させた。これは、共産党独裁国家で今も続く見
せしめのための「公開処刑」の発想である。
死刑を執行された二人の囚人は、死によって罪を償うためではなく、この千葉と
いう人物に自分が殺されるところを公開させるために殺されたのである。何と哀
れか、可哀想ではないか。これが、法治国家なのか。

これは、死刑執行という法治国家の形式を借りた殺人の公開ではないか。そして
、このことを平然と実行し、「人が殺されるところを見学した」千葉景子という
人物の思考回路こそ、ブルジョア組織のなかに潜入してブルジョア組織を破壊す
る左翼コミンテルンの典型だと指摘しておきたい。
以上の通り、コミンテルンの指令は、現在の鳩山そして菅内閣によって我が国で
実現されている。

従って、この民主党内閣はコミンテルンの指令の下にあり、必然的にコミンテル
ンの本家である中国共産党に吸収されていく。 ということは、日本国民は、民
主党内閣が続く限り、中共の我が国に対する無礼な脅迫と恫喝を受けねばならな
いということである。そして、この事態に至った病根は深く、それは、二〇世紀
の世界に惨害を及ぼした国際共産主義運動に源がある。

共産主義、コミンテルンと戦う必要があったのは、二〇世紀だけではない。今も
我が国は、コミンテルンと共産主義者に歴史観を奪われたままである。
従って菅内閣をはじめとする二〇世紀から持ち越されたコミンテルンの残滓を一
掃するための、我が国の国体を護る徹底的な戦いを今こそ始めねばならない。
(了)

(西村眞悟氏は前衆議院議員。著作多数)



↓お手数でなければ。


banner_04.gif

『民主党の正体』

竹島の日

2月7日は北方領土の日




スポンサーサイト

テーマ:みんなに知ってもらいたい - ジャンル:日記

時事ボヤき | 09:54:58 | トラックバック(50) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。