■プロフィール

peerway

Author:peerway
大阪の一般人です。
過去にもいろいろ書いていますので、下のほうにある検索ボックスから、お好みのキーワードで検索してみてください。「青山繁晴」「宮崎哲哉」「排出権取引」「対馬」など。

■仕事が楽しくなる名言集


presented by 地球の名言

■最新記事
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
米国のペテンに国富をむしり取られる日本
WILL1月号より
 ↓  ↓  ↓

******************************

72年、アメリカ大統領ニクソンはドルの金本位制からの離脱を表明した。
いわゆる、ニクソン・ショックだ。
長引くベトナム戦争で金は底をついた。
フランスのド=ゴールからドルの金兌換を迫られ、
切羽詰まって取った処置だ。

以来、アメリカは国債(借金の証文)の発行につぐ発行で、
基軸通貨ドルの地位を保つ。
日本をはじめ各国は、
保有する米国債の価値を目減りさせないためには、
ドルを買い支え続けるしかない。
このカラクリをマイケル・ハドソン(経済学博士、金融コンサルタント)は、
「米国債本位制」と名付けた。

米国債の保有量で中国に抜かれるまで、
最もこれを買い込んだのは日本だ。
円を売ってドルを買う。
そのドルで米国債を買う。
買った米国債はアメリカに保管される。
借金のカタを向こうに取られ、
ひたすら国富をむしり取られる仕組みだ。


このカラクリを指して、ハーマン・カーン(シンクタンク・ハドソン研究所の創設者)は、
「史上これまで、どの帝国もなし得なかったペテンを、
 わがアメリカは編み出したというわけだ」と総括した。
そのくせ、彼カーンは「二十一世紀は日本の世紀」と日本人をおだてた。

彼のいう「史上最大のペテン」に引っかかり、
歴代の日本政府はその後も米国債を買い続いている。
この秋(2011年)にも四兆円だ、十兆円だとドルを買い、
せっせと貢ぐクンを続ける。
アメリカがコケれば日本もコケるの一念からだ。

むしろ、買うなら日銀は日本国債を買ったらどうか。
その分、円紙幣が世上に出回り、円高抑制にもなる。
円高は所詮、お札刷り負けている状態に他ならない。
むしろ、この円高を利して、なぜ円の国際化を押し進めないのか。


一方、中国はいつでも米国債を売れる。
くらべて、日本が保有する米国債は「売るな」と言われれば売れない。
向こうで塩漬けだ。
日本は世界一の債権国で、官民合わせて約五百兆円を海外に貸し込んでいる。
しかし、かつて野村証券の「大タブ」こと会長・田淵節也は、
「借金を取り立てる最終的な手段は武力を背景にした恫喝しかないはずだ」と言い、
武力を封印した債権国の危うさを嘆じた。


******************************

あぁ、世界は腹黒い。





↓お手数でなければ。


banner_04.gif

『民主党の正体』

竹島の日

2月7日は北方領土の日

日本の森を守ろう
http://www.kddi.com/corporate/kddi/csr/kibou/

follow me !
 ↓ ↓ ↓
peerwayをフォローしましょう


スポンサーサイト

テーマ:みんなに知ってもらいたい - ジャンル:日記

日本 | 22:39:09 | トラックバック(0) | コメント(0)
日本の学校が教えない偉大な日本人-柴五郎
月刊WiLL1月号より抜粋です

↓  ↓  ↓

******************************

清朝末期の1899年、西欧列強の収奪に抗して義和団の乱が起こる。
彼らは「扶清滅洋」を掲げて「洋人」を襲い、ドイツ公使らが殺害された。
好機と見た西太后はこれと手を結び、清兵は義和団を交えて列強の公使館を襲い、
各国の「洋人」は命からがら北京城に逃げ込む


立て籠もった一千人足らずの外国人を数万の敵が取り囲む。
映画『北京の55日』は籠城の一部始終を描いた。
籠城戦の指揮を執ったルイス少佐をチャールトン・ヘストンが演じた。

これは史実と違う。

実際に指揮を執ったのは日本の中佐・柴五郎で、
彼は五十数名の日本兵を率いて奮戦敢闘した。

中国語はもとより英語、フランス語にも通じ、
その見事な統率・指揮ぶり、くわえてその人格に各国の洋人らは信頼と感謝を寄せた。
それが史実だ。


やがてアメリカ、イギリス、ロシア、ドイツ、フランス、イタリア、オーストリアに
日本を加えた八カ国が連合軍を結成して北京に到着。
五十五日におよぶ籠城戦は死者四十人弱にとどまり、多くの人命を救った。

アヘン戦争につぐアロー戦争(1856年)で、
イギリスとフランスの連合軍は北京を占領し、掠奪・破壊・放火の限りを尽くした。
紫禁城から宝物や古美術品を掠奪するだけにとどまらず、
円明園にも押しかけ、破壊・掠奪に狂奔した。

義和団撃退後の北京でも、再び同様の事態が起こった。
くらべて柴五郎は掠奪を禁じる命令を発し、日本軍の規律は賞賛の的となった。
籠城戦の功績と合わせて、柴五郎には各国から勲章が送られている。


イギリス公使マクドナルドは、共に戦った柴と日本兵の勇敢・礼節に感動した。
首相セシルに日英同盟の構想を説き、のちの同盟締結の推進者となった。

******************************

日本の学校というのは、
「日本は悪い国でした」と教える事だけは熱心で、
どうしてこういう史実を子供たちに教えないんでしょうね。

こういった史実を子供たちに教える事で、
子供たちは、自分たちの先輩に偉大な人物がいたんだ、と
自信と誇りを持ち、
「自らも彼らのようでありたい。」
と思わせ、
現在なくなりつつある道徳、倫理、人道、モラル、
といったものを取り戻すきっかけとなるでしょうに。




↓お手数でなければ。


banner_04.gif

『民主党の正体』

竹島の日

2月7日は北方領土の日

日本の森を守ろう
http://www.kddi.com/corporate/kddi/csr/kibou/

follow me !
 ↓ ↓ ↓
peerwayをフォローしましょう


テーマ:みんなに知ってもらいたい - ジャンル:日記

日本 | 20:13:02 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。