■プロフィール

peerway

Author:peerway
大阪の一般人です。
過去にもいろいろ書いていますので、下のほうにある検索ボックスから、お好みのキーワードで検索してみてください。「青山繁晴」「宮崎哲哉」「排出権取引」「対馬」など。

■仕事が楽しくなる名言集


presented by 地球の名言

■最新記事
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
【大阪】誰のためのエネルギー戦略会議なのか
3月20日、府市統合本部のエネルギー戦略会議の委員
(飯田 哲也さん 古賀 茂明さん)が、
大飯原発を視察されましたが、
原発構内を「公開しろ」と非常識な要求をされていました。

関電大飯原発を大阪府市統合本部エネルギー戦略会議委員が視察
2012.3.20 22:43 http://bit.ly/GMAjJL


原発構内を公開するという事は、
北朝鮮のテロリストに対して
「ここにこういう施設がありますよ、ここを潰せば外部電源は失われますよ、
 水の供給力は失われますよ。どうぞここを狙ってください。」
とアナウンスしているようなものです。

そしてテレビや新聞で見る限り、
委員の話しぶりから伝わってくるのは、
「原発は稼働させない」という“結論ありき”の姿勢で、
関西圏の安定電源をどう確保するのか、
高騰する石油価格にどう対応していくのか、
自然エネルギーが本当に使い物になるのか、
という現実の問題、実務の話が一切無い

つまらない反原発イデオロギー丸出しの、
建前ばかりの空虚な議論ばかりするようでは、
府市統合本部のエネルギー戦略会議なんてものは、
民主党の事業仕分けとたいして変わらない、
やるだけ無駄なただのパフォーマンスでしかなくなるでしょう。

そんな事に我々の血税を使わないでいただきたい。
私たち大阪府民、大阪市民と、大阪で事業をする事業者が
安心して仕事が出来る、生活が出来るように、
税金は使っていただきたい。




↓お手数でなければ。


banner_04.gif

『民主党の正体』

竹島の日

2月7日は北方領土の日

日本の森を守ろう
http://www.kddi.com/corporate/kddi/csr/kibou/


スポンサーサイト

テーマ:それでいいのか日本国民 - ジャンル:政治・経済

時事ボヤき | 12:15:39 | トラックバック(0) | コメント(1)
【放射線】年間百ミリシーベルトは「最高に体に良い」
月刊WiLL4月号(平成24年)

渡部昇一さんの「原発興国論!」が最高に面白いです。

卵を食べるとコレステロール値が上がるというのはウソ
という話に始まり、
次々に展開される「放射線」の事実

そして「反原発で得をするのは誰か」と
昨年の福島第一原発事故から後の
「反原発ブーム」に警鐘を鳴らす、
真に国を憂う渡部さんの思いが
文字から温かく伝わってくるようです。

原発の代替としては、現実には火力発電しかない、
それは間違いなくその通りなのですが・・・
火力発電には石油、天然ガスなどの資源を
「外から持ってくるしかない」
とだけ書かれてあったのが残念。

日本の海にメタンハイドレートがたくさんある事は
すでに国際社会では「常識」と言っても良いです。

韓国は2014年までに、
竹島周辺でメタンハイドレートを採取して実用化する、
と国際学会で発表もしています。

別に、日本は外国から高い化石燃料を買う必要はない
自分の足下に次世代のエネルギー資源が
山のように(それこそ山の形をして)
日本の海に眠っています。
それを今こそ、震災に苦しむ今こそ、
日本国民のために生かす時です。

日本の良識ある人達が日本の政治、経済を動かしてくれる事を
切に願います。


話がそれましたが、
渡部昇一さんの「原発興国論!」の中で、
自分が『これは!』と思った部分を以下ご紹介(笑)
(そのまんま引用ではなくて、斜め読みです。
 興味を持たれた方は
 書店からなくなる前にwill月号をご購入される事をオススメしますw)


放射線でDNAが傷つく、遺伝子異常は遺伝する、という話はショウジョウバエの実験結果。ハエには傷ついたDNAを修復する酵素がない。そのハエの実験結果でずっと恐怖を植え付けられてきた。しかし人はDNAを修復する酵素を持っている。だから原爆で被曝した日本人はハエのようにはならなかったし、半年で180ミリシーベルトを浴びる女性宇宙飛行士が地球に帰還後、奇形児を生んだ事は一度もない。

それどころか、広島の放射線影響研究所のデータによると、低線量放射線を浴びた胎児の方が、死産、先天性異常、新生児死亡の比率が低い。(!) ショウジョウバエのせいで現代まで放射線による遺伝子異常の風評被害は広がっているのだ

放射線を断絶したところでは海藻や大麦は生育力がゼロになる。ラジウム温泉が人間の健康に良いように、放射線は光や温度のように、植物の生育に必須なのである。去年(平成23年)の福島の梨や林檎は大きく甘いが、まったく売れない。放射線の風評被害だ。

広島長崎で原爆炸裂のあった昭和二十年に、「セシウムで死んだ人は一人もいない」と核被爆研究の第一人者の高田純博氏は断言している。福島の事故で暴走したのは原子炉ではなく、菅直人だった。素人判断で風評被害をまき散らし、福島県民を苦しめ、国民の不安をあおったのだ。

放射線ガンの世界的権威モーリス・チュビアーナ博士が2001年の国際学会で「毎時10ミリシーベルト以下なら、どんなに細胞が傷ついても完全に修復させてしまう」と発表この「ダブリン宣言」は2007年にマリー・キューリー賞が与えられている。

NASAに関係し、高い放射線を浴びる宇宙飛行士の健康問題に長年関与してきたラッキー博士が出したデータでは、年間百ミリシーベルトの放射線は一番体に良いと示されている。無害であるとか無視できるとかではなく、「最高に体に良い」と。





↓お手数でなければ。


banner_04.gif

『民主党の正体』

竹島の日

2月7日は北方領土の日

日本の森を守ろう
http://www.kddi.com/corporate/kddi/csr/kibou/


テーマ:みんなに知ってもらいたい - ジャンル:日記

時事ボヤき | 22:17:59 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。