■プロフィール

peerway

Author:peerway
大阪の一般人です。
過去にもいろいろ書いていますので、下のほうにある検索ボックスから、お好みのキーワードで検索してみてください。「青山繁晴」「宮崎哲哉」「排出権取引」「対馬」など。

■仕事が楽しくなる名言集


presented by 地球の名言

■最新記事
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
NHKは大河ドラマでも歴史歪曲、自虐史観。
大河ドラマ「天地人」

8/2放送の冒頭・・・
『天下統一を果たした秀吉が、新たに目指したのは海の向こう・・
 日本を属国とみなす、明国、および朝鮮をつき従えることでした。

 もともと、朝鮮を足がかりに大陸に進出する野望は、
 かつての主君、織田信長が抱いていたもの。

 秀吉は遠く、インドやフィリピンの支配まで考えるようになります。』

つまり、秀吉が朝鮮半島に兵を出したのは、
単なる野望である、とNHKは断言したわけです。


・・・そんな単純な話なわけありますかいな!

大陸に進出して支配しようと考えていたぁ~?

当時の日本は、明(漢人の国)に、不平等貿易を強いられていたんですよ。
不平等どころか、マトモに貿易もできなかった。

秀吉は日本と明の対等な関係を求めて、
明へ出兵したわけで、
『大陸進出』だなんて、滅相もない。

だいたい、出兵後に貿易再開を求めた秀吉に対し、
明は「日本自治区になるなら、考えてやらんでもない。」
と言う始末。


信長・秀吉は、
大航海時代を迎えた世界で日本が生き残るために、
日本を主権国家として自立させようと戦っていたんだと思いますよ。


それをNHKはお決まりの自虐史観、北京思想で、
「日本は大陸に進出しようとした。大陸を支配しようとした。」
と大河ドラマを使ってまで宣伝する。

素直な日本人はそれを真に受けて
「あぁ、秀吉は悪いことをした。日本は昔から悪いことをしてきたんだ。」
と思い込む。


NHKの歴史吹聴を信じてはいけない。


↓お手数でなければ。


banner_04.gif

スポンサーサイト


テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

時事ボヤき | 21:38:28 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。