■プロフィール

peerway

Author:peerway
大阪の一般人です。
過去にもいろいろ書いていますので、下のほうにある検索ボックスから、お好みのキーワードで検索してみてください。「青山繁晴」「宮崎哲哉」「排出権取引」「対馬」など。

■仕事が楽しくなる名言集


presented by 地球の名言

■最新記事
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
被爆を知る幻のファーストレディー
いつもチェックしているサイト「ウェッジ・インフィニティ」より・・

被爆を知る幻のファーストレディ

--------------------------------------------
Elizabeth Edwards(エリザベス・エドワーズ)の回想録は、
ニューヨーク・タイムズ紙の週間ベストセラーリストの
単行本ノンフィクション部門で5月に一時、トップにつけるなど
本書は女性読者を中心に圧倒的な支持を集めた。

エドワーズ夫妻は96年に、当時16歳だった長男を自動車事故で亡くしているうえ、
エリザベスは大統領選があった2004年に乳がんが発覚、
苦しい闘病生活を経て治癒したかにみえたものの、
2007年にがんが再発・転移し治癒の見込みがなくなっている。
そして、夫の不倫である。本書はこうした不幸の連続を、
不屈の精神(resilience)でいかに乗り越え生きてきたかを綴ったエリザベスの人生の記録だ。

エリザベスの夫はノース・カロライナ州選出の元上院議員であるジョン・エドワーズ。
ジョンは民主党の若手政治家のホープだった。
2004年の大統領選では民主党の副大統領候補だった。
2008年も民主党の大統領予備選に出馬し、
オバマ、クリントンに次ぐ三番手として注目を集めた。

エリザベスは、父親がアメリカ海軍のパイロットだったことから、
成長期のほとんどを日本で暮らした経験を持つ。
日本に非常にゆかりのある女性だ。

そして、エリザベスが9歳だった1958年ごろ、
父親が山口県岩国市にあるアメリカ海兵隊航空基地に勤務していたとき、
ある日本人女性から三味線と日本舞踊を習った思い出を本書の中で披露する。
Toshiko(としこ)と題した第4章で、その日本人女性のことを詳しく書いている。

もちろん、日本人の読者としては、人生のほかの苦難と同列に、
被爆を乗り越えて生きる力強さだけを強調する本書の書き方には不満も残る。
エリザベス自身が、多数の民間人の命を一瞬にして奪った核兵器について
どう考えているのかも聞きたいところだ。
ただ、多くの一般のアメリカ人が手にするベストセラーの中で、
被爆体験が記された意味は大きいだろう。

今年も原爆記念日にアメリカの大統領は来ない。
もし、ジョン・エドワーズがオバマやクリントンを破って民主党の大統領候補になり、
大統領になっていたらどうだっただろうか。
日本に住んだ経験を持ち、原爆の恐ろしさを知っているファーストレディとして、
エリザベスは今年の原爆記念日をどのような形で過ごしただろうか。
--------------------------------------------
(Toshikoとのエピソードはウェッジインフィニティのサイトからご覧ください。)


こちらはJB PRESSより・・

有権者に媚びるマニフェスト選挙

--------------------------------------------
2009年8月30日の総選挙に向け、
自民、民主両党のマニフェスト(政権公約)が出揃った。
政権交代のかかる天下分け目の決戦だけに、
両党ともマニフェスト策定に全力を挙げた。
しかし内容を見ると、生活不安を強める有権者を意識するあまり、
耳に響きの良いバラマキ政策が目立つ。


(民主党は)こうした政策に必要な所要額を個別に明示し、
その合計が16.8兆円(2013年度)に上るとの試算を公表した点は評価されてよい。
しかし、それをどうやって手当てするのだろうか。
消費税増税には触れていない。

(ちなみに民主党は配偶者控除と扶養控除を廃止するとしています。
 財源はそちらから持ってくるんでしょうか。)
早速、自民党は「財源が無責任で極めて曖昧だ」(麻生太郎首相)と糾弾、
財源問題に民主党攻撃の照準を合わせた。

 これに対し、民主党の鳩山由紀夫代表は
消費税増税に関する従来方針をあっさり修正した。

これまで「4年間は議論の必要もない」と明言していたのに、
7月27日の記者会見では
「(消費税を財源に回す)将来の年金の議論などは当然行うべきだ。(発言を)訂正したい」
と方針転換した。
「(政権獲得後の)4年間で消費税を増税することは一切考えていない」
と強調しているが、党首発言の信頼性や政権担当能力に疑問符が付きかねない。

自民党のマニフェストは民主党に引っ張られている。
教育分野では民主党の「子ども手当」「公立高校無償化」に対し、
自民党は「幼児教育無償化」「高校・大学の給付型(返済不要)奨学金」をぶち上げた。
個別所得補償で農村部の支持を拡大する民主党の選挙対策に危機感を募らせ、
自民党も農家の所得増大策で対抗している。

 このように消費税増税問題のほか、
個別政策でも自民、民主両党の隔たりは狭まっている。

自民党、民主党いずれが総選挙で勝利を収めても、
その後のバラマキ政策の財源は赤字国債の大量増発で賄うのか。
それによって長期金利が急騰する事態になれば、景気回復どころではない。


自分が世間に対して捧げようとするものに比べて、
 現実の世の中が――自分の立場からみて――どんなに愚かであり卑俗であっても、
 断じて挫けない人間。どんな事態に直面しても
 『それにもかかわらず!』と言い切る自信のある人間。
 そういう人間だけが政治への『天職』を持つ

(マックス・ウェーバー著『職業としての政治 (岩波文庫)』脇圭平訳)

 ウェーバーの求める資質を備えた上で政治を「天職」とする議員が、
今回の総選挙で何人誕生するだろうか。

--------------------------------------------


いつもトラバを快く貼ってくださっている ねぇ知ってたぁ? 様のところに、
「なるほど!確かに!」と思うフレーズがありました。

『自民か民主かではない 日本か反日か』

日本か反日か
↑使わせていただきましたw


日本は、信長・秀吉の時代から、
ずっと外国からの侵略と戦い、日本を守ってきました。

その、先人たちが守り続けてきた日本を、
今の時代の日本人は自らの手で外国に渡しかねない危機にあります。

テレビで繰り返し流される「政権交代」というマインドコントロールで、
旧社会党の民主党を中心とする政権ができたら・・

それこそ、戦国時代に、
キリスト教徒になったいくつかの日本の大名が
火薬と引き換えに日本人女性を何万人も(50万人と言う説もありますが)
奴隷として外国へ売ったようなことになりかねません。



日本か、反日か。
愛国か、売国か。


【総選挙★愛国・売国議員候補リスト】


↓お手数でなければ。


banner_04.gif

スポンサーサイト


テーマ:軍事・平和 - ジャンル:政治・経済

未分類 | 11:22:20 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。