■プロフィール

peerway

Author:peerway
大阪の一般人です。
過去にもいろいろ書いていますので、下のほうにある検索ボックスから、お好みのキーワードで検索してみてください。「青山繁晴」「宮崎哲哉」「排出権取引」「対馬」など。

■仕事が楽しくなる名言集


presented by 地球の名言

■最新記事
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

国旗を切り刻んだ者は、恥を知りなさい!
the Rising-Sun flag



日本大使館を救ったのは、
口先だけの友愛ではなく、

「我が家は日本人が大好きなんだ。
 
 みんな優しいからね。

と言って頂ける、それまでの行動の積み重ねです。

the Rising-Sun flag




以下、動画のテキスト起こしです。
------------------------------------------

~命懸けで日の丸を守ってくれた外国人の話~

イラク戦争開戦前の3月15日から閉鎖されていたバグダットの日本大使館

業務再開に向け、日本人の大使館関係者は4月29日、被害状況の調査を始めた。

4月28日午後、外務省の調査団(団長・相星 孝一 中東二課長)の一行が現地入りした。

しかし、近くのルーマニア大使館でほとんどすべての物が盗まれていたのに対し、
日本大使館は驚くほど被害が少なかった。

激しい戦闘や略奪が繰り返される中、
必死に大使館を守ってきたのは、近くに住むイラク人一家だった。

バグダット陥落前後は、現地スタッフでさえも出勤できなくなっていた。

大使館は空爆による大きな被害は受けなかったが、
多くの盗賊たちに狙われた。
「裕福な日本の大使館なら、宝物があると誰でも思うさ。」
と、イラク人警備担当者は話す。

そんな中で大使館を守ったのは、
近くに住む元公務員ムナアサル・アルオブーディさんの一家だ。

バグダッドが陥落した翌日の4月10日、
一家6人は協力して、
大使館内に掲げられていた日の丸を下ろし、看板を外した。
外交官ナンバーの乗用車は自宅の庭に隠した。

「日本大使館だと分かれば、盗賊たちに狙われると思ったから、自主的にやったんだ。」

ムナアサルさん一家の善意に基づいた行動は、それに留まりませんでした。

盗賊たちは、何度も姿を見せたという・・・

そのたびにムナアサルさんと、長男のハイダルさんは、
カラシニコフ小銃を携えて自宅2階に駆け上がり、戦った。

「撃ち返されたこともあったが、大使館を守るために必死だった。
 国旗はどの国の国民にとっても
 
 一番大切なものだろう?
 
 燃えたり奪われたりしたら、
 
 みんなが悲しむと思って。

ムナアサルさんはそう話し、
ほこりと油煙ですすけた日の丸を大事そうに広げて見せた・・・

「私は15年間もここに住んでいる。大使館は大切な隣人。
 隣人を守るのはイラク人の務めだ。


と誇らしげに語り、

我が家は日本人が大好きなんだ。みんな優しいからね。

とムナアサルさんはほほえんだ。

------------------------------------------

↓お手数でなければ。


banner_04.gif


NHK_shomei

スポンサーサイト


テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

時事ボヤき | 11:25:07 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad