■プロフィール

peerway

Author:peerway
大阪の一般人です。
過去にもいろいろ書いていますので、下のほうにある検索ボックスから、お好みのキーワードで検索してみてください。「青山繁晴」「宮崎哲哉」「排出権取引」「対馬」など。

■仕事が楽しくなる名言集


presented by 地球の名言

■最新記事
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

2009.2.18 ニュースアンカー「樺太・ヒラリー・裁判」
関西テレビ「スーパーニュースアンカー」(2009.2.18放送)

今回の放送は、
自分にとって、非常に勉強になりました。
(詳しい内容はくっくりさんがテキスト起こしをしてくださっています。)


まず、
麻生首相がロシアとの北方四島も含めた首脳会談について。

放送中で青山さんが
「ロシアが資源価格の下落で今困った状況にあって、
 日本のヘルプがほしい今のタイミングで、日露首脳会談やるのは正しい。」
といった旨の話をされていました。

私もそのとおりだと思います。
日本のマスコミはほとんどこの事を評価しませんが、
確かに良いタイミングだと思います。

しかし、続いて青山さんのコメント。
「総理が行った“ユジノサハリンスク”というのは
 ほんとは“豊原”という日本の町。
 “サハリン”とメディアでもずっとそれだけ言ってるけど、ほんとは樺太。
 日本は確かに豊原も含めて樺太の南半分を
 サンフランシスコ講和条約で放棄しましたが、
 その条約にソ連、つまりロシアは加わってない。
 だからこれはロシアと決まってない。
 それなのに日本は2001年に領事館を豊原に作ってしまって、
 それだけでもおかしいのに、総理が行かれたので、これ決定的なんです。」

これはすごく重要なお話だと思います。
何がどう決定的なのか・・・というと、

麻生総理が豊原の領事館に行ったことで、
日本は樺太がロシア領であることを正式に認めたことになってしまうわけです。

もう永遠に樺太が日本に戻ってくることはなくなってしまったかも知れない、
と言えるでしょう。

麻生総理はそれを分かっていて領事館へ行かれたのでしょうか?
それとも、そのあたりのことは全然分からずに・・・?
もしかしたら、それこそ取引として・・・?

麻生総理は記者に対して、
『(北方四島返還について)
 新たな独創的で型にはまらないアプローチ
 我々の世代で解決すべく、
 具体的な作業をしようということで一致しています。
 ロシアが2島、日本が4島では
 全く双方、進展しないわけですから、
 政治家で決断する以外に方法はないのではないか。』
と言っていました。

新たな独創的で型にはまらないアプローチ
とは何か・・・?
つまり、これまで日本が一貫して主張してきた
四島返還の姿勢を崩す、ということではないか。
と、私は思いました。

樺太のように、どこかの島の返還が絶望的になってしまう・・
そんな事にだけはならないでほしいと思います。


続いて、ヒラリー国務長官の来日について。

ヒラリーさんが来日し、拉致被害者家族の方と面会しました。
それについて、一般の主婦の方から青山さんに宛てたメールに、
こんなことが書かれていたそうです。

『ヒラリーさんが拉致被害者家族との面会をすることについて、事前に
 “私は国務長官としてよりも、妻として母として家族に会いたい”と発言された。
 日本のテレビ番組、ワイドショーなどでは、それを素晴らしいと、
 1人の人間として拉致に向き合ってくれてるんだと高く評価していたけれども、
 私は全く違うんじゃないと思う。
 ヒラリーさんの発言というのは、要は
 “私は家族と面会するけれども、それは国務長官としてじゃなくて、
 あくまでも個人的に会うのであって、
 国務長官として政治的な約束は何もできませんよ”

 という予防線を張られてるんじゃないかと、そう思います。』

あまりヒラリーさんの来日前のコメントなどはチェックしていませんでしたが、
これは「確かに!」と思いました。

番組内でも話されていましたが、
もしかしたら、政治家よりも一般の主婦のほうが、
外交に長けているのかも知れません(笑)

ヒラリーさんが英語で話したニュアンスと、
日本のメディアが伝えた、
「私は国務長官としてよりも、妻として母として家族に会いたい」
という言葉のニュアンスは、随分違うんだろうと思います。

ヒラリーさんが日本に1番に来たことも含め、
拉致被害者家族と会ったことは、
日本人の情に訴える戦略だ、と冷静に見るべきだと思いました



最後に、2.18に無期懲役の判決が出た
東京江東区での殺人事件の裁判について。

検察は大型モニターに遺体の一部を映し、残忍さを強調し・・・
被害者の生い立ちをドラマ仕立てで流し・・・

「裁判員制度を見据えての・・」と言いますが、
私は、
検察はいったい何がしたいんですか?
と問いたいです。

ドラマとか、テレビの見すぎなんじゃないですか?

山本アナウンサーの、
「一体、裁判ってのは誰のものなんでしょうね?」
というコメントが印象的でした。

少なくとも、
検察のつまらない芝居のためなんかでないのは、確かでしょうね。


↓お手数でなければ。


竹島の日


banner_04.gif

スポンサーサイト


テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

未分類 | 14:41:55 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad