■プロフィール

peerway

Author:peerway
大阪の一般人です。
過去にもいろいろ書いていますので、下のほうにある検索ボックスから、お好みのキーワードで検索してみてください。「青山繁晴」「宮崎哲哉」「排出権取引」「対馬」など。

■仕事が楽しくなる名言集


presented by 地球の名言

■最新記事
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
今こそ公共事業が必要。日本は治水対策をやり直さないといけない。
日本全国が局地的な大雨で、
川の氾濫や土砂崩れなどが頻発しています。

普通なら、政府の誰かが視察に行って、
被害状況を確認して、現場から話を聞いて、
必要な物資や援助を現地に届ける・・・

ということをするのですが、
今の民主党政権は、何をしているんですか?

何もしていないじゃないですか!


「国民の生活が第一」とか言っておきながら、
いざ国民の生活に支障が起きても、
民主党政権は自らの保身と政局に奔走しているだけ


小沢の不起訴は不当?
んなことは分かりきっているんですよ!

それよりも今は大雨による災害対策と、
今後の治水の方針を決めるのが先でしょう!?



民主党の『コンクリートから人へ』なんて大間違いなんですよ。
コンクリートだって人のために作るんですから。

選挙目当てに金をばらまいても、
その金は貯金とパチンコと、ほんの少しの消費に回るだけ。

治水対策で公共事業をすれば、
川の氾濫で国民が被害を受けることもなくなり、
建設業に従事する人たちも仕事が出来て、
仕事が出来れば消費が増えて経済が活性化し、
経済が活性化すれば税収入も増えて国の財政の健全化に役立つ。

現状で局地的な豪雨に対処できないようになっているのですから、
今はどんどん治水で公共事業をやるべき時なんですよ!

というか、
今やらないでいつやるの!


来年も大雨による災害がおきて、
人が死んだり財産を失ったりするのを
民主党政権は指をくわえて見ているのですか!


こんな体たらくを見ていても、
まだ民主党を応援できますか?


自分はムリ。ムリムリムリ。



↓お手数でなければ。


banner_04.gif

『民主党の正体』

竹島の日

スポンサーサイト


テーマ:それでいいのか日本国民 - ジャンル:政治・経済

時事ボヤき | 12:38:09 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。