■プロフィール

peerway

Author:peerway
大阪の一般人です。
過去にもいろいろ書いていますので、下のほうにある検索ボックスから、お好みのキーワードで検索してみてください。「青山繁晴」「宮崎哲哉」「排出権取引」「対馬」など。

■仕事が楽しくなる名言集


presented by 地球の名言

■最新記事
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

【口蹄疫】保身のための殺処分、脅し、これが日本の政治家のすることなのか。統治能力のない民主党政権はさっさと内閣総辞職しなさい。
宮崎県の口蹄疫に関して・・・

まずはニュースを並べてみましょう。

宮崎県、牛3頭が口蹄疫感染 国内10年ぶり
2010.4.20 11:12
http://sankei.jp.msn.com/life/trend/100420/trd1004201113002-n1.htm

しかし、
宮崎県で口蹄疫が発生しているにもかかわらず、
当時の赤松農水大臣は外遊へ行っていました。
外遊が出来るのは大臣の特権、とでも思っていたんでしょうか。
権力を握って初めての外遊ですから、
是が非でも行きたかったんでしょうね。・・子供みたいです。

そして・・

口蹄疫対策、東国原知事「後手後手だ!」
   官房長官が拡充を指示も赤松農相は外遊中

2010.5.8 00:48
http://sankei.jp.msn.com/politics/local/100508/lcl1005080050000-n1.htm

東国原知事の怒りは当然でしょう。
10年前に口蹄疫が発生したときには、
農水相からバンバン指示が飛んできていたそうですが、
今回(2010年)は何もなかったそうです。

そして口蹄疫はどんどん拡大。
宮崎県は非常事態宣言。
宮崎の畜産そのものがすべて消える危険があったため、
東国原知事は感染していない種牛は殺処分の対象外とすることを国に要請。

しかし・・

【口蹄疫】種牛49頭殺処分に知事が理解 特措法が衆院可決 
2010.5.27 23:31
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/100527/biz1005272333045-n1.htm

民主党政権は、
わざわざ特措法を作って、
すべて殺処分するように迫ったんですね。
さすがに東国原知事も、法を破ることは出来ませんから、
49頭の種牛は、本当は殺したくなかっただろうけれども、
宮崎県は殺処分をしました。


そしてその後、
民間の感染していない種牛だけは守ろうと、
殺処分をせずに東国原知事は国と交渉を続けていましたが、
そのさなか、出てきたものが・・

防疫員「上の指示で殺処分」…口蹄疫疑い未報告
(2010年7月15日14時47分)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100715-OYT1T00615.htm

宮崎県の不祥事。
国やメディアの発表だけだと、
まるで宮崎県が口蹄疫の発生を隠していたようですけど、
宮崎県の話を聞くと、そうではなく、
念のために殺処分して、その報告も国にあげていたとのこと。

しかしテレビなどでは
まるで宮崎県が口蹄疫隠しをしていたかのごとく騒ぎ立て始めます。

その後に出てきたニュースが・・

種牛6頭の殺処分に着手へ=処分後に家畜の移動制限解除-口蹄疫
(2010/07/17-05:22)
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2010071700050

宮崎県が守ろうとしていた種牛の殺処分が決定。
その後、宮崎県の口蹄疫疑い未報告の話題は、
メディアから消えます・・

種牛殺処分へ、東国原知事「国の対応、最悪」
7月17日0時40分
http://www.yomiuri.co.jp/feature/20100518-296281/news/20100717-OYT1T00076.htm
東国原英夫知事は薦田さんとの面会後、「県全体のための英断。心から感謝したい」とした上で、「力及ばず殺処分という結果になり、心からおわびしたい」と薦田さんに陳謝した。国の対応については「最悪。特に農水省の制度や農相にがっかりした。殺処分ありきで、論理が矛盾している」と批判した。


この数ヶ月のニュースから見えてくるものは、

口蹄疫が発生
  ↓
農水大臣は外遊で対応せず。
農水省も「政治主導」を理由に対応せず。
  ↓
感染拡大
  ↓
民主党、農水省への批判高まる。
  ↓
宮崎県の不祥事を出す。
  ↓
民主党政権による宮崎県への攻撃
  ↓
民間種牛の殺処分
  ↓
宮崎県への攻撃はとまる

宮崎県の不祥事?から民間種牛の殺処分までの流れを見ると、
民間種牛の殺処分と引き替えに、
宮崎県の不祥事(?)は不問にしてやる、
という取り引きがあったのではないか

と思うのは、何も邪推ではないでしょう。


これが政治家のすることですか?


日本を感染地域にしないために、
とにかく全部殺すんだ、例外は認めない。

と言う国の方針は分からなくもないですが、
本当にどうしようもなかったのか、
宮崎県がこの先も畜産を続けられるように、
何とか知恵を絞ることは出来なかったのか、

民主党政権はそれを考えたのか、
農水省も考えたのか、甚だ疑問です。

ただ法律を作って、
ルールの通りにやっていればいい、と
お役所仕事さながらの対応だったように見えて仕方がありません。


こういう事こそ「政治主導」で
固い頭のお役所を動かすのが、
政治家の仕事じゃないんですか?

お役所と一緒になって
マニュアル通りの対応しかしない体たらくで、
民主党は何が「政治主導」なんですか。


民主党政権は自らに統治能力がないことを認めて、
さっさと内閣総辞職をしなさい!


参議院選挙も大敗したんだし。


↓お手数でなければ。


banner_04.gif

『民主党の正体』

竹島の日

スポンサーサイト


テーマ:それでいいのか日本国民 - ジャンル:政治・経済

時事ボヤき | 10:08:06 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad