■プロフィール

peerway

Author:peerway
大阪の一般人です。
過去にもいろいろ書いていますので、下のほうにある検索ボックスから、お好みのキーワードで検索してみてください。「青山繁晴」「宮崎哲哉」「排出権取引」「対馬」など。

■仕事が楽しくなる名言集


presented by 地球の名言

■最新記事
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

横田早紀江さんにあんな事言わせるなよ!
9/22ニュースアンカーより


柳田拉致担当大臣に対し、
拉致被害者家族の横田早紀江さんが語った言葉・・・

「『これからも変わらずにがんばりますから』
 というお話をいただきましたので・・
 ま、初めてですからね。
 これからどうなっていくか、
 今まで何人もの方にそういう風に言っていただいてきたので
 一応、今はね、ほんとにそれはもう・・
 一人一人を信じていくしかないんで、
 これからがんばっていただきたいと思います。」


<青山さんのコメント>----------------------------

いや、これはねー、今回の内閣改造の不可解な点の一つなんですよね。
で、さっきも言いましたけど、その改造についてその『脱小沢』って話ばっかり報道されてましたが、
この拉致問題についてはやっぱり、もっと手厚い報道があるべきで

まず家族会の人はですね、ほんとに柳田稔さんという人を、
見たことも聞いたこともないって言うのが、正直なとこ
なんですよ。

今日面会したらああいう風に言わざるを得ないけれども、

で、僕は政治記者の時に民社党をかつて担当してましたから、
柳田さんは若い時代から知ってますが、
すいません、申し訳ないけど
僕、柳田さんから拉致事件についての熱意って聞いたことがないです

ええ、でね、さらにおかしいのは
あのー、拉致問題担当大臣が、なぜ法務大臣の柳田さんと兼務なのか
で一方、今まではですよ、
今までいろいろ問題は起こしたけれど、
中井ひろしさんは、その
国家公安委員長と拉致問題担当大臣を兼ねてたわけじゃないですか。
するとよく分かりますよね、拉致事件なんですから。

ところが今度は、消費者担当大臣で少子高齢化担当大臣の
岡崎トミ子さんが国家公安委員長で、
国家公安委員長から拉致問題外して法務大臣の柳田さんをつけたわけですよね。

これ、こんな不可解な話ないんじゃないですか。


(どんな経緯で、そんなパズルのように・・)

岡崎さんの件は、また改めてやりたいんですけど、
さっき言った通り、韓国にいい顔見せたいということだと思うんですよね
でその、韓国にいい顔見せるので何で国家公安委員長なのか、
と思う人も多いと思いますが、
そらあしかし、韓国としては喜びますよ
そら、ソウルで反日デモをやって
その、日本大使館にシュプレヒコールもやった人が国家公安委員長か、と
韓国は悪い気はしないですよ。

それで拉致問題担当の持って行き場がなくなって、
何となくリーガル、ってその、要するに
法務関係かなぁ、って持っていったおそれがあると思うんですよ。

だから、たぶんね、
僕はまだこの件に関して柳田さんと話してないですけど、
柳田さんにとっても、ひょっとしたら青天の霹靂かもしれませんよ。

(で、それで結果出してくれたらいいですけれども、
 あの、横田早紀江さんのね、
 「信じていくしかない」って言うコメントっていうのは


いやあれはー・・

いかに今まで振り回されてきたか、ってことですから。)

いや、あのー・・早紀江さんのあのー・・
おっしゃりよう、ってのは、そらもう・・・
胸の苦しみの血の叫びなんですよ。


(う~ん・・・)

それは、政治家じゃなくて国民にはね、
今の一言で十分届いてますよ。


ま、もともと拉致問題担当大臣をアテにしても、
もう物事進まないから、
もう、僕らでやるしかないっていうことで
もう一度腹決めるしかないな、とまた、
改めて僕は思いました。

----------------------------<コメントは以上>
( )内は山本アナのコメント




ほんまに日本の政治家は情けないです。

横田早紀江さんにあんな事言わせるんじゃないよ! 
まったく。


自分が総理だったら、
それこそ田母神さんじゃないですけど、
陸・海・空軍に拉致被害者の奪還作戦の立案を指示するのに。



信じるしかない、ということでは、
尖閣諸島で今起きている問題。

漁船の衝突も、
その後のSMAPのコンサート中止なども、
すべて中国共産党の戦略だろうな~。
偶然起きた事故とかじゃないだろうな~。
今、日本は民主党政権だから、
東シナ海を奪うのはたやすいと思われているんだろうな~・・と思っていたら、
この日のアンカーでも青山さんがまさにその通りのことをおっしゃってくれました。

≫ぼやきくっくり「「アンカー」尖閣中国漁船衝突事件 日本vs中国 統治システムの戦い」


この件で日本が少しでも譲歩するようなことがあれば、
尖閣諸島も東シナ海も沖縄も、
独裁国家の中国に奪われてしまうことになりますよ。

絶対に譲歩してはいけないと思います。
(青山さんの話を聞いたからそう言うんじゃないですよ?w)


しかし今は民主党政権・・・

決して独裁国家の恫喝に屈することなどない、
と信じるしかないんですよ。信じるしか・・・


って、

こんなこと言わせるなよ!

「日本は大丈夫だ、独裁国家になんかに負けはしない」
と言える日本であってほしいですよ(ノд`)




↓お手数でなければ。


banner_04.gif

『民主党の正体』

竹島の日


スポンサーサイト


テーマ:それでいいのか日本国民 - ジャンル:政治・経済

時事ボヤき | 06:22:52 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad