■プロフィール

peerway

Author:peerway
大阪の一般人です。
過去にもいろいろ書いていますので、下のほうにある検索ボックスから、お好みのキーワードで検索してみてください。「青山繁晴」「宮崎哲哉」「排出権取引」「対馬」など。

■仕事が楽しくなる名言集


presented by 地球の名言

■最新記事
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

TPPで日本が輸出を増やす事はできない


「TPPに日本は参加すべきだ」

と言う意見をテレビで良く耳にします。

まず、
TPPとは、太平洋に面した国同士が、
輸出入にかかる関税を撤廃しよう、というもの。

そこにアメリカが参加を表明し、
「今日本が参加しないと乗り遅れる」
「日本だけが不利な条件で輸出する事になる」
なんて理由で参加すべき、と言う声がたくさん上がっているのですが・・

だがしかし、
TPPには中国が不参加です。

EUはもちろん不参加です。

日本が輸出をする事ができそうなTPP参加国と言えば・・
「アメリカ」ただ一国だけ。
(おまけでオーストラリアw)

じゃあ、アメリカとの関税が無くなれば、
日本は輸出が増えるのか、
韓国なんかよりも有利にアメリカに輸出できるのか、というと、

車や家電製品などの多くは、
半分以上が現地生産。または日本以外の国で生産。
つまり、日本からの輸出にはならない。

ということは、日本とアメリカの間の関税は関係ない、ってこと?

関税が関係ないのなら、TPPに参加する必要なんて、ないんじゃない?


あと、TPPは農産物の輸出が増やすチャンスだ、
と言う意見もあります。

自分もそれは同意見ですが・・・

民主党内閣、そして農水省は
農作物の輸出を増やすような政策なんて、
まったく考えてないですよねぇ・・?

むしろ農水省は、
「TPPに参加したら国内の米は90%外米に置き換わる」
なんて荒唐無稽な話をでっち上げて
TPP参加に反対しているくらいですし、
というか、農水省は自由貿易には断固反対で、
日本の優れた農産物を世界の人に食べてもらおう、
なんて発想は全くないようです。


日本の農産物を国策として輸出していく、
と言う事が前提なら、自分もTPP参加には賛成なのですが、

「乗り遅れる」とか「取り残される」なんて
詐欺師が儲け話を持ってくる時のような話には
絶対に乗るべきじゃない、と思いますよ。




↓お手数でなければ。


banner_04.gif

『民主党の正体』

竹島の日

2月7日は北方領土の日

スポンサーサイト


テーマ:みんなに知ってもらいたい - ジャンル:日記

時事ボヤき | 21:16:34 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad