■プロフィール

peerway

Author:peerway
大阪の一般人です。
過去にもいろいろ書いていますので、下のほうにある検索ボックスから、お好みのキーワードで検索してみてください。「青山繁晴」「宮崎哲哉」「排出権取引」「対馬」など。

■仕事が楽しくなる名言集


presented by 地球の名言

■最新記事
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
日本の子供たちに放射性物質を浴びさせたのは菅内閣
今は毎日のようにいろんな情報が次から次へと・・・

ブログなんかではとても追いかけられない早さで、
言っただの、言わないだの、
海水注入を止めただの、いや本当は入れてただの・・

何を信じて良いのか分からなくなりますが、

でもね、

事実というものは動かせないわけですよ。


地震翌日3月12日午後0時2分

東電本店から現場(福島第一原発)に指示
「1号機は3月11日の午後4時頃に
 炉心損傷を起こした可能性があるので、
 注入を最優先」


現場は海水注入の準備を始める。

しかし、

海水注入は行われないまま


同日午後2時53分

それまで原子炉に入れていた真水が底をつき、
原子炉への水の供給が絶たれる。


そして・・それから約30分後

同日午後3時36分

1号機が水素爆発。
大量の放射性物質がまき散らされる。


つまり、

水素爆発を起こしたあの日、

東電も、現場も、
とにかく冷やそう、
廃炉になっても良いから海水を入れよう、
これ以上の炉心の損傷は食い止めよう・・


としていたのに、
なぜか海水注入が行われなかった。


現場が「やらせてくれ」と言っても、
東京からストップがかかっていた。


ストップをかけられる組織の中心にいるのは・・
菅直人しかいないじゃないですか。



海水注入のストップは、
その後4時間続きます。


午後2時53分 真水注入が立たれる。

午後3時36分 水素爆発。

午後6時 
菅直人が中心になって会議を始める。

斑目委員長
「(そもそも、真水だろうと海水だろうと)
 水を入れたら再臨界の可能性はあります。」
(↑この発言で菅直人以下、政府のヘタレは
 「海水を入れたら再臨界する」と勘違いする。)

午後6時20分
菅直人
「本当に海水を入れても大丈夫なのか、詰めろ!」
(↑「詰めろ!」と怒鳴られたために、
 原子力保安員や東電本店は
 作業を中断するように指示)

午後7時04分
福島第一原発の吉田所長は
メルトダウンを食い止めるため、
現場判断で海水注入を開始。


午後7時25分
保安員や東電本店から海水注入を止めるように指示。
(しかし吉田所長は注入を止めずに続行。)

午後7時40分
保安員が菅直人に海水注入の安全性について説明。

午後7時55分
菅直人が海水注入を指示。

午後8時05分
海江田経産相が海水注入を命令。

午後8時45分
現場ではホウ酸水の投入を開始。



どんなに言い訳しても、
権力で隠そうとしても、

原発の水素爆発は、
菅内閣が起こした人災なのは
明らかなんです。

原発問題だけじゃありません。

被災地では、
政府が何もしないせいで、
餓死者まで出ているそうじゃないですか!

日本で餓死って・・・


今、日本人が最優先で行わないといけないことは、

何もしない、自分のパフォーマンスしか出来ない菅直人と
無能で無責任な総理を2人続けて出した民主党にも

「不信任」

の声をあげる。


今のままだと、
何も動かないどころか、
原発問題も被災地の状況も
悪化する一方なんですよ。


↓だから民主党はダメ、って言ったじゃない。


banner_04.gif

『民主党の正体』

竹島の日

2月7日は北方領土の日

日本の森を守ろう
http://www.kddi.com/corporate/kddi/csr/kibou/

follow me !
 ↓ ↓ ↓
peerwayをフォローしましょう

スポンサーサイト


テーマ:みんなに知ってもらいたい - ジャンル:日記

時事ボヤき | 20:01:42 | トラックバック(0) | コメント(1)
コメント
いつも静かに笑っている
言語は考えるための道具である。
英語は、高度の考えを編み出すために適した言語である。
英米人の高等教育は、子供には学習が難しい彼らの国語 (英語) 教育である。

我が国には、英米流の高等教育は存在しない。
修業年限を英米と同じにするなどの教育制度の確立だけでは、高度な職業人を育成することは難しい。
我が国では最初から最後まで行われている丸暗記 (rote memory) と受け売り (regurgitation) の修行では、自らを決することが難しい。
これを「教養がない (uneducated)」という。子供のような状態かな、赤子かな。

自らを決することのできない人たちには、論点を定めることができない。
自分の意見を大声で言う、
相手をこき下ろす、
相手がしゃべっている最中に反対意見を言うなど、「議論をすれば、喧嘩になります」という事態が事実になる。

議論と無礼は同等と見なされているのかもしれない。
だから、礼儀正しい日本人は誰も議論をしたがらない。
いつも静かに笑っている。
耐えがたきを耐え、忍びがたきを忍んで、もって万世のために太平の世を開かんと欲するのみである。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://page.cafe.ocn.ne.jp/profile/terasima/diary/200812

2011-05-28 土 04:32:23 | URL | noga [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。