■プロフィール

peerway

Author:peerway
大阪の一般人です。
過去にもいろいろ書いていますので、下のほうにある検索ボックスから、お好みのキーワードで検索してみてください。「青山繁晴」「宮崎哲哉」「排出権取引」「対馬」など。

■仕事が楽しくなる名言集


presented by 地球の名言

■最新記事
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
憲法は96条じゃなくて9条を早く変えるべき
安倍内閣は憲法96条を改正し、
改正発議を議会の賛成3分の2から2分の1に
ハードルを下げようとしています。

安倍さん自身は、
「国民投票2分の1よりも、議会の3分の2のほうが
 ハードルが高いのはおかしいんじゃないか」
という問題提起をされていますが、

そもそも、議会の3分の2というハードルは、
そんなに高いものなのか?

実はそうではない。

アメリカは上院下院両院の3分の2、
さらに全州議会の4分3の賛成がないといけない。
日本よりハードルは高い。
それでもこれまでに何度も憲法を改正してきた。

ちなみに日本は憲法改正をせず、
今や世界最古と言っても良い未改正憲法を使い続けている。

議会の2分の1で改憲発議できる国はほとんど無い。

世界中の先進国の憲法はすべて、
改憲が難しい硬性憲法です。

硬性憲法を軟性憲法にした国はない。


仮に、憲法を改正しやすくしたとして、
安倍さんが首相の時ならいいでしょう。

今後、民主党政権のようなものができたら、どうなる?

マスコミを利用して多くの国民がだまされて、
日本国を解体するようなことになったりしたら?

憲法を変えやすくする、ということは、
良いようにも変わりやすくなるし、
悪いようにも変わりやすくなる。


ですから、発議の3分の2は高すぎるわけじゃない。
どうしても下げたいのなら、5分の3でどうや?


それよりも、発議要件の96条よりも、
「戦力を放棄する」なんて非現実的なことを書いている
9条をさっさと改正するべきなのでは?

今、目の前に迫る危機に対処するために、
今すぐ9条改正を発議するべきです。

戦力がない国は、
他国に占領されるか、内戦になるか、
歴史を見れば、戦力がなかった国がたどった運命は、
悲劇そのものです。
国の悲劇は国民の悲劇です。

すぐお隣に、
チベット、東トルキスタンなどの例があります。
戦力がないと、日本国民が奴隷になる。
現実にあり得ることなのです。

今すぐ9条を改正し、
日本国軍を整備しましょう。
国産戦闘機、国産空母、国産イージス艦を持ちましょう。

日本に侍を復活させましょう。


↓お手数でなければ。


banner_04.gif

『民主党の正体』

竹島の日

2月7日は北方領土の日

日本の森を守ろう
http://www.kddi.com/corporate/kddi/csr/kibou/


スポンサーサイト


テーマ:みんなに知ってもらいたい - ジャンル:日記

時事ボヤき | 10:21:38 | トラックバック(0) | コメント(1)
コメント
訂正
記事では日本より米国の方がハードルは高い、と書きましたが、
実は米国は、上院下院の「定足数(過半数)」の3分の2の賛成で発議である、
という事が、平成25年のWiLL10月号の百田さんと安倍さんの対談で書かれていました。
つまり、米国の場合は、
半分の議員が出席すれば定足数を満たすから、
議員総数の6分の2(3分の1)を越える賛成があれば発議は可能。

米国より日本の方がはるかにハードルは高い、
という事でした。

竹田恒泰さんの講義で憲法改正発議の事を知りましたが、
・・・竹田さんは憲法学者なんだから、
米国の定足数の事も知っているはずだろうと思うんですが・・・??
2013-09-08 日 23:00:46 | URL | peerway [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。