■プロフィール

peerway

Author:peerway
大阪の一般人です。
過去にもいろいろ書いていますので、下のほうにある検索ボックスから、お好みのキーワードで検索してみてください。「青山繁晴」「宮崎哲哉」「排出権取引」「対馬」など。

■仕事が楽しくなる名言集


presented by 地球の名言

■最新記事
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

ぶったま!3/7青山繁晴さん西松建設献金問題を語る(1/4)
NEWS20面相(09/3/7放送より)

西松建設による献金問題で、
小沢代表の第一秘書逮捕について、青山繁晴さんが解説されていました。

かなり長いので、分割してのテキスト起こしとさせていただきます。



**************************

(西松建設の献金問題で、小沢代表の公設第一秘書がいきなり逮捕)

検察が、任意で話し聞いたりするより、いきなり逮捕に踏み込んでいったってのは、
解散総選挙の日からなるべく遠くしたい、というのがあるわけです
けどね。

しかし、今日のコーナーの一番の目的は、
今年の秋には必ず総選挙があって、
こういう事件を受けて、普通の有権者、普通の市民が、
どういう風にこの事件をまっすぐに見たらいいのか、
というフェアな判断材料を、皆さんに提供したい、と思います。


まず、事件の仕組みです。
新聞、いろいろ難しい記事やってるけども、
もっと分かりやすく、皆さんに見ていただきたいんですが、

「小沢さんが不正献金を受け取るまで」
これあくまでも、まだ裁判終わってるわけじゃないから、
検察の容疑の段階です
けどね。

仮に、小沢さんが、企業から、
その、何か目的のあるカネ、つまり
賄賂に近いようなお金を受け取ろうとしたらですよ、
一番単純に行くと、建設会社から、小沢さんの政治資金団体、つまり、
小沢さんの、お金を受け取る窓口ですよね、
陸山会ってなんかかっこいい名前をつけてるけど、
要はお金を受け取る団体。

で、そこにズバリ送るって言うのは、
昔はあったわけです。

しかしズバリ送るってのは、こういう建設業者が頼むっていうのは、
公共工事、公共工事ってのは僕たちの税金を使ってやる工事、を、
この建設会社が、取れるように(受注できるように)
強い政治家に頼むと。

これ、つまり汚職ですから、
だからこれは、当然こうなったわけです。

FP09 026


「いけません」と。
いけません、ってなって、それによって法律が改正されて、
こうなりました。

FP09 027

こうなりましたってのは、
さっきのストレートな献金がいけない、ってことになったから、
これ皆さん、ぱっと見て分からないでしょ、つまり、
ぐちゃぐちゃなことを入れて、ごまかすようになったって事です。
で、この真ん中からまず見てほしいんですけど、

企業からドンと政治家に来るんじゃなくて、
真ん中にこういうのが挟まってるわけです。かませてある。
それが、「新政治研究会」とか「未来産業研究会」。
何をやってるのかさっぱりわからない。建設会社のダミー。
これは建設会社が、お金も出すし、人も出す、
早い話、西松建設のOBだった人が両方とも代表になってるわけです。

だから、あくまでも
「企業からお金が行くんじゃなくて、政治団体からお金が行くだけです」
というふうにしなくちゃいけない。

ところが、企業ですから、100円といえども、費目が決まってなきゃいけない。
この政治団体に直接企業からお金は渡せないから、どうしたかと言うとですよ、
この政治団体ってのは当然、本当にあるんだったら、
会員がいるわけですよね。
その会員に、社員に命令で、「お前会員になれ」と、してしまう。
で、会員になったら、今度会費を払わなきゃいけない。
その会費が、小沢さんのところに溜まっていくわけですけど、

しかし、社員としては、そんな(政治団体は)実体もないのに、
会費払うのはヤダってことになるから、
じつはボーナスに上乗せして、会社があげます、というカラクリ
なんです。

こうやってカマせてるけど、実態は西松建設のお金が、
ここ(小沢さんの政治資金管理団体)に渡ったということで、
「変わりありませんね」ということです。


当然これは法律に引っかかるんであって、
この政治資金規正法ってのは何度も改正されてるんですが、
最終的な改正は、今から9年ぐらい前に(2000年)に行われたんですが、

企業は、どうしても政治家にお金を出したい、と。
建設業界は出したい、と。
どうしてかって言うと、さっき言ったとおり、
残念ながらこの国の公共工事、僕たちのお金でやる工事は、
じつは政治家の口利きで決まっちゃう事が本当は多いから、

フェアな入札だけじゃなくて。
だから企業としてはどうしてもお金を出したい。

で、まずですね、じゃせめて、政治家個人の政治団体、
ハッキリ言って政治家個人ですね、
政治家、衆議院議員、参議院議員、代議士・・に
直接お金を渡す、それだけはさすがに止めさせましょう、と。

ただし、実はちょっとややこしいことになってて、
政治家個人はダメだけど、例えば今回の件で言うと、
民主党の本部だったり、あるいは民主党の岩手県支部のようなところだったら、
いいことにしましょう、と。

だから党に入る。党に入るからいいかというと、
党から政治家個人にバックするから、実態は、
僕の立場から言わせてもらえれば、当然これも×ですということです。

FP09 028

で、一応抜け道を防ぐためにガードはしてあって、
それはなにかって言うと、「他人名義での献金は禁止」
他人名義ってのはどういうことかって言うと、
ちょっと言葉は良くないんだけれども、
企業が政治団体に名前を化けて、未来産業研究会とかアホらしい名前をつけて、
他人名義に化けてやったら(献金したら)それ自体が罪になりますよ、と。
名前変えりゃ良いってもんじゃないよ、という改正が行われた。

したがって、今回の事件というのは、
その小沢さんの公設第一秘書の大久保さんっていう方が、
こういう仕組みを全部知った上で、
実は西松建設なのに政治団体に化けてるって事を知りながら、
お金を受け取ったんじゃないか、という容疑で、
政治資金規正法で逮捕、となった
んです。


こういうことを検察は疑ってるわけですよね。
もっかい言いますけど、検察庁がまだ疑ってる段階です。
(裁判で罪が確定したわけではない)

それに対して小沢一郎さんが、記者会見をして、
40分間にわたって反論しました。

僕は小沢一郎さんと長い付き合いで、
竹下内閣で小沢さんが官房副長官になった時に、番記者もやってましたけども、
その長い付き合いの中で、こんな長い会見、小沢さんやったことないです。
あの人会見が嫌いで、だいたい人に説明するのが苦手で、
実はシャイな東北人でも会って、それがすごく長い時間、
解説・説明・釈明をした。

で、さっきも申しました、
普通の有権者、市民が今回の事件を、ちゃんと見抜いて、
何が本当の問題なのかを見抜く、
そのきっかけを皆さんに提供したい。

この会見、記者会見、表に出ていて、もっかい誰でも見れるやつ、
その会見の中に、小沢さんも意識しない、本当のこと、真実が現れてしまっている
それも、単に小沢一郎その人だけじゃなくて、
そうか日本の政治家というのは、自由民主党の政治家であっても、
本当はこういうことを考えてんだな、ということが、
露骨に表れてしまっているのがある
ので、
それを、一つ一つ見ていきたいと思います。


************************


・・・・・つづく(爆)


↓がんばって続きを書く力を(笑)


banner_04.gif

スポンサーサイト


テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

番組紹介 | 12:30:04 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad