■プロフィール

peerway

Author:peerway
大阪の一般人です。
過去にもいろいろ書いていますので、下のほうにある検索ボックスから、お好みのキーワードで検索してみてください。「青山繁晴」「宮崎哲哉」「排出権取引」「対馬」など。

■仕事が楽しくなる名言集


presented by 地球の名言

■最新記事
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「エコは家計に厳しい」-ニュースの哲論-
6/4 関西テレビ『ニュースアンカー』
宮崎哲弥氏の「ニュースの哲論」

今回は「エコとそれに伴う痛み」がテーマでした。


日本は、1997年京都議定書で、
2012年までにCO2を-6%削減、という目標を掲げました。
しかし、現状はというと・・・

+9%

目標到達には程遠く、この情報だけでは
日本は何も出来ていないような印象を持ってしまいます。

しかし、この目標値を設定する時の基準年に問題があって

基準年設定は1990年

日本では1970年代から省エネに取り組んでいたため、
1990年には既に十分CO2排出削減がなされていました。


1990年を基準にしてしまうと、
日本は、カラカラに乾いた雑巾をさらに絞らなければならないわけです。

しかしヨーロッパでは省エネは日本と比べて遅れていたため
まだまだ雑巾は絞る余地があった。
ヨーロッパは、十分に排出削減が出来る、という計算があっての、
1990年、という基準年設定だった
わけです。

「1990年」という目標を許してしまったことは、
日本にとってマイナスだった、失敗だったと言われています。

さて、目標をオーバーしてしまった日本は、
オーバーした分のCO2排出量を、目標値を下回った国に引き取ってもらわなければいけません。
(排出権取引)
そのために日本が支払うお金は・・・

2000億円

民間も合わせると5000億円~1兆円とも言われています。

日本はCO2を理由に、どんどん世界中にお金を取られていくわけです。


そして、日本は新たに2020年時点でのCO2削減目標を設定しようとしていますが・・

エコと経済への影響

すでに省エネが十分進んで、今より経済規模が小さい90年を基準にすると、
現状維持で+4%の目標を達成できる

しかし、それ以上の高い目標を設定する場合・・
省エネのためのコスト増、光熱費増、消費の冷え込みによる不景気などの影響で、

-7%の場合、年間の家計負担が7万円、失業者が11万人。
-15%の場合、年間家計負担16万円、失業者が30万人。
-25%の場合、年間家計負担36万円、失業者が77万人。


ちなみに2005年を基準年とした場合、
現状維持で-4%の目標達成が可能
といわれています。
(+4%と-4%ではまったく印象が違ってきます。)

経団連は20年目標を現状維持の+4%を支持していますが、
日本政府は、落としどころとして-7%で考えているようです。
しかし政府は、-7%による国民生活への影響に関する説明が足りません。

低所得層ほど、家計に占める光熱費は大きくなります。
目標値を厳しく設定して、光熱費が上がれば、
低所得層ほど痛みを受けるわけです。

子供を持つ若い世帯も同様だと思います。

さて、政権交代を目指す民主党は、この問題にどう言っているのかというと・・・

民主党は-25%を強く主張しています。

-25%の場合、年間家計負担36万円、失業者が77万人。

「生活第一」とうたう民主党が、一番生活を苦しくさせる目標を主張しているのです。

そして高い目標を設定して、それが達成できなかった場合、
再び排出権取引で、日本は膨大な額のお金(元は国民の税金)を
世界中に取られていくわけです。


民主党も、政権与党を目指すのなら、
この予想される家計負担、失業者対策はどのようにするのか。
-25%を達成できる、とするなら、その根拠を、
きちんと説明する必要があるはずです。


エコで高い目標を設定すれば、選挙で支持を得られると考えているだけだとしたら、
政権(権力)欲しさに出来もしない目標を掲げ、
国民の生活を締め付け、血税を外国に垂れ流す、
とんでもない売国行為に他なりません。


哲論のコーナーの最後に、宮崎哲弥さんは
『政府はエコの痛みを もっともっと知らせろ!』
と締めくくっています。

確かにその通りですが、
民主党に比べれば政府はまだ現実的です



ちなみに、世論調査で2020年の目標はどれが良いか調査すると・・
-7%と答えた人が45.4%

しかし、月にいくらまでエコにお金を使えるか?という質問には・・
1000未満(年間12000円未満)と答えた人が40%以上。

-7%の場合、年間の家計負担が7万円です。
そんな7万円なんて負担は出来ない、と答えているわけです。
しかし印象としては「マイナス」と言ったほうが、いいに決まっています。


一番最良な策は、
目標基準年を2005年にして、
2020年目標を-4%(現状維持で達成できる)とすること
だと思いましたが、
いかがでしょう?

「エコ」といえば、「節約」というイメージがテレビなどの影響で定着しつつありますが、
実は家計に厳しいのです。



↓「エコ」というイメージを利用するミンスにはだまされないぞ!


banner_04.gif

スポンサーサイト


テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

番組紹介 | 00:00:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。