■プロフィール

peerway

Author:peerway
大阪の一般人です。
過去にもいろいろ書いていますので、下のほうにある検索ボックスから、お好みのキーワードで検索してみてください。「青山繁晴」「宮崎哲哉」「排出権取引」「対馬」など。

■仕事が楽しくなる名言集


presented by 地球の名言

■最新記事
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
民主・鳩山代表、「故人からの献金」認める 4年で2177万円
民主の鳩山由紀夫さんが、「故人献金」を認めましたね。

民主・鳩山氏、「故人献金」認める=4年で2200万円-代表辞任は否定(時事ドットコム)

民主・鳩山代表、「故人からの献金」認める 4年で2177万円(日経ネット)

(日経ネットより)-------------------------------

民主党の鳩山由紀夫代表は30日記者会見し、
同氏の政治資金管理団体「友愛政経懇話会」の
政治資金収支報告書に記載された個人献金者に
故人などが含まれていた問題について

2005~08年の4年間に、90人分で193件の虚偽記載があったことを明らかにした。
総額は2177万8000円に上るという。

鳩山氏は
「私の監督責任は当然ある。
 国民や関係者、献金者の皆様にご迷惑をおかけし、おわび申し上げたい」
と陳謝した。自身の代表辞任は否定した。

 鳩山氏によると、原資はすべて鳩山氏本人の資金で、
政治資金担当の公設秘書が無断で行っていた
出所が不透明な献金は確認されていない。
虚偽記載の理由について、鳩山氏は
経理担当者が私への個人献金があまりに少ないので、
 大変だとの思いがあったようだ
」と述べた。

-------------------------------

(時事ドットコムより)---------------

原資には、政治活動資金が不足した場合などに備えて
鳩山氏が秘書に預けていた個人資金が充てられたという。

-------------------------------


何ですか?この説明は。
要するに、こう言ってるんですよね?
  ↓  ↓  ↓

いや、もともと全部、私個人の金なんですよ。
あまりに鳩山由紀夫宛の献金が少なくて、
格好悪いもんだから、
秘書が勝手に名義を書き換えて格好つけようとしただけなんです。
ええ、民主党の代表は辞めるつもりはありません。



・・・ふざけるな、って思いません?
そんな話、頭から信じる人がいますか!?

格好つけるためだけに、
わざわざ亡くなった方の氏名を調べて、
政治資金収支報告書に嘘まで書きますか!?

「政治活動資金が不足したときに備えて」って、
だったら勝手に自腹で活動すればいいだけで、
実際に不足したわけでもない段階でですよ、
それが、わざわざ、
政治資金収支報告書に嘘を書く理由になりますか!?

しかも、故人の名前を勝手に使ってですよ?
その故人の方が、鳩山さんを支持していた人なのかどうか分かりませんけど、
日本人の感覚からすれば、
亡くなった方に対して、あまりに失礼ではありませんか!


名前だけではなくて、住所も嘘を書いていたようですし、

いや、本当は、
どこから流れてきたお金なんでしょうね~。

(赤い旗やカルトがチラチラ見えるする気がするのは私だけでしょうか?)

もしかしたら何かの間違いで次の総理になるかもしれない、って人が、
「秘書がやった」だなんて、
こんな説明を平然とできてしまうというのを見ると、
本当に民主党はこんな状態で、政権担当能力があるのか・・

ハッキリ言って疑問です。


↓「民主党の正体」に飛びます
バナー・ハッティ


テレビも、この問題の報道は、ホントに「形だけ」で、
それよりも「自民党は内部分裂してます!」って内容を長時間放送する有様。
後は「大雨で西日本は大変」(←そんなことは毎年のことやがな。)

これが鳩山由紀夫さんじゃなくて、麻生総理だったとしたら・・・
とんでもない騒ぎになっていたはず。

マスコミの皆さんは、
ずいぶん民主党さんにお優しいんですね~(笑)


↓お手数でなければ。


banner_04.gif

スポンサーサイト


テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

時事ボヤき | 22:31:17 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。