FC2ブログ
 
■プロフィール

peerway

Author:peerway
大阪の一般人です。
過去にもいろいろ書いていますので、下のほうにある検索ボックスから、お好みのキーワードで検索してみてください。「青山繁晴」「宮崎哲哉」「排出権取引」「対馬」など。

■仕事が楽しくなる名言集


presented by 地球の名言

■最新記事
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

高齢者などの重大事故:考
高齢者などが自動車を運転しての重大事故が、
不幸にも続いています。


テレビ新聞などオールドメディア、
Twitterなどのネットでは、
様々な意見を見ますが・・・
どの意見も、ちょっと違う。

例えば産経さん。
【主張】高齢者の重大事故 免許定年制の検討必要だ
https://www.sankei.com/affairs/news/190423/afr1904230002-n1.html

申し訳ないですが、産経さんの主張はおかしい。
90歳超えても安全運転の出来る超高齢者は実在しますし、
65歳以下でも認知症になる事はある。


問題なのは年齢ではなくて認知機能ですよね。

平成29年3月施行の改正道路交通法により、
運転免許更新時や一定の交通違反を行った際に警察で行う簡易の認知機能検査の結果、
「第1分類」(認知症の疑いあり)となった75歳以上の高齢者は、
公安委員会の指示により、認知症であるかどうかの検査・診断を受けることになりました。

しかし、この認知症の検査をしても、
客観的には認知症だと思われる人が、『認知症ではない』と診断される事が相次いでいます

なぜか。

医師が「貴方は認知症です」と診断しづらい仕組みがあるのです。

日本認知症学会が出した
『認知症高齢者の自動車運転に関する専門医のためのQ&A集』(平成29年3月14日)
に、こんな一文があります。
***********************************
Q4.認知症と診断した医師が、患者様から
「誤診により免許を取り上げられる結果になったと」訴えられることはないですか?

【A】(中略)診断書作成医師に刑事上の責任が生じることはありませんが、
民法上の責任はこの限りではありません。
***********************************

つまり、刑事責任はないけれど、
「貴方は認知症です」と診断したことで、医師は民事訴訟を起こされる可能性がある。


だったら、医師は怖くて「貴方は認知症です」なんて診断できませんよ!

だから、認知症高齢者でも免許更新が出来てしまうのです。

この仕組み、法の不備をまず正して、
医師が訴訟される不安なく、適切な診断を下せるようにするべきです。


そしてもう一つ。
大阪府の吉村府知事がこんなツイートをしています。



「最先端の自動ブレーキ搭載車限定免許」???

そんな限定免許を作っても、
今免許を持っている人は、今の免許のままでしょ。更新する限りは。
ってか、その限定免許を選ばずに、普通免許を取った人が認知症になったら、
意味ないじゃん。

ズレてますよ。吉村さん。

そこは免許をどうこうするのではなくて、
センサー付き自動ブレーキを全車種に義務化させる事が、
最も効果的です。

(当然、自衛隊、警察や救急、消防の車両は自動ブレーキの対象外です。)

所持する免許の種類にかかわらず、
すべての車に自動ブレーキが搭載されるのです。
そうなれば、大津の事故も、池袋の事故も、その後は起きないでしょう。


自民党の皆さん、次の選挙の公約の一つにいかがですか?

未分類 | 21:17:21 | トラックバック(0) | コメント(0)
NHK受信料訴訟 はじめから結果は見えていた

NHK受信料制度「合憲」 最高裁が初判断 携帯視聴では論点残る

産経新聞 http://www.sankei.com/affairs/news/171206/afr1712060041-n1.html


仮に、もし、IF,

「NHKの受信料の強制徴収は違憲」

なんて判決が出たとしたら、

日本全国で受信料返還請求訴訟が起きまくるでしょう。

「憲法違反の制度で受信料を支払わされていた!」

ってわけです。


そうなったらもう、

秩序もヘチマもないわけですよ。


そんな結果になる判断を、

最高裁がするわけがないw



しかし、最高裁の今回のコメントはひどい。

「契約」は「申込み」と「受諾」双方がマッチして初めて成立する。

なのに、「契約」を一方的に、義務だと強制してしまう事を、

『合理的で合憲だ』と言ってしまった訳です。

一方的に義務を課すのは契約とは言いませんよ!w

そういうのは「税」と言うんです。


国民を馬鹿にしてるのか?



NHKを訴えるならば、

受信料を払っている側が訴えるほうが、

NHKを負かして変える可能性が、まだあります。


どういうことかというと、

「俺は受信料を払っている。

 なのに、NHKは受信料を払っていない奴らにまで

 タダで放送が見られる状態を放置している。

 これは受信料を真面目に払っている契約者の権利を侵害している!

 NHKは受信料未払いの受信機器には

 視聴できないようにスクランブルをかけるべきだ!」

と訴えれば良いのです。



そして、本当にNHKをどうにかしたいのなら、

日本国民全員で、テレビなんて買わなければ良いのです。

NHKに受信料を払わなければ良いのです。

(そうすれば、ついでに民放のマスゴミも潰れます)


大型のPCディスプレーがあれば十分ですよ、

これからの時代は。



未分類 | 23:12:36 | トラックバック(0) | コメント(0)
2017年 衆議院選挙(総選挙)はフローチャートを作るまでもないw
【希望の党】
小池百合子が「総理大臣になりたい」という野望のために作った政党。
別名「野望の党」
後から民進党出身者が「民進党の看板では当選できないから」と
続々看板替えで集まった。
民進党出身者は「憲法改正反対」だったのを「賛成」するなど
当選のためなら主義主張などお構いなし。
民進党がプールしていた政党助成金を横取りする守銭奴っぷり。

【立憲民主党】
希望の党から「来んな」と言われた元民進党出身者の集まり。
メンツはほぼ2011年の菅内閣と同じ。
党首の枝野は革マル派と呼ばれる過激派テロ組織との繋がりがあると言われ、
菅直人は北朝鮮がらみの組織からの献金疑惑も指摘されている。

【民進党】
政党助成金を岡田党首の時からプールしていた。
(政党助成金は赤ちゃんまで含めた国民一人250円一律に負担しています)
プールした金を、「自分が当選したい」一心で
希望の党に貢ぐ事を全会一致で承認した連中。

ようするに・・・・

「希望の党」
「立憲民主党」
「民進党」の議員には、
票を入れる価値無し!!



未分類 | 21:50:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
森友学園の問題は、誰かを悪者にして済む話ではない!
問題が大きく取り上げられています。
(大きいどころか、しつこい、長い、的外れやw)
9億円の査定額の土地が1億円で売られていた、
という問題ですが、

まるで問題が安倍政権にあるかのように、
共産党や民進党は話をすり替え

また自民党内の親中派などが安倍政権を批判しているが、
批判の矛先が違う


事実をありのままに確認すると
①陳情した学園(国民)がいて、
②それを財務省に伝えた政治家がいて、
③8億円を値引きした財務省がある。

つまり、の問題の本質は
金で政治家を支配しようとする財務省と、
選挙で当選したくて陳情を聞く政治家と、
政治家に陳情に行って自分の利益へと誘導しようとする国民がいる、
ということだ。

日本全国津々浦々までこの構図で支配されているのが実情なのだ。

そして、の問題は
財務省や政治家にも責任はあるが、
どこが悪いと言うことではなく、
「自分の利益へと誘導しようと政治家に陳情する国民」がいる
ということが発端なのだ。

誰かを悪者にして済む話ではない。
日本国民の生き方の問題なのだ。

財務省も政治家も省みるべきだが、
日本国民自身も、大いに省みる必要がある。


未分類 | 09:06:13 | トラックバック(0) | コメント(0)
月刊WiLLは死んだ
平成29年1月26日発売の月刊誌「WiLL」

WiLL H29_3
          
表紙を見る限り、
青山繁晴さんがこのWiLLに
「少女像?ただの売春婦像じゃないか」というタイトルの記事を
寄稿したかのようです。
(※青山繁晴さんの普段からの考えを知っていれば、
  明らかにおかしい事は瞬時に分かります)

どこがどうおかしいかを確認されたい方は、
青山繁晴さんのブログに詳細が書かれてありますので、
そちらをどうぞ。

WiLL編集部、出版社は、
金儲けのついでに、
青山繁晴さんを貶めた。
これはもう、言論誌としては、自殺行為ですわ。

花田編集長がWiLLを離れて、月刊hanadaを創刊したのも、
無理もないな、と思いました。

自分の出版する雑誌に、
こんな嘘の見出しを平気でつけるなんて、
担当者はきっと、「嘘をついてはいけない」とか、
「人をだましてはいけない」とか、
人として当たり前の躾を誰にもしてもらえなかったのか、
生まれつき、人としての精神性が屑なのか・・・

まぁ、なんにせよ、
WiLLは死にました。後は廃刊への道しかありませんな。



未分類 | 19:41:43 | トラックバック(0) | コメント(0)
前のページ 次のページ